Halley Medical Aesthetics » Weight Loss & Body Contouring

Weight Loss & Body Contouring

ハリーのクールスカルプティング:2019年 2000 件のトリートメントハリーメディカルエステティックスチーム(ハリー)が“私達は更に多くの件数をこなす”と宣言した時、確かに彼らは実行しています。当院は 2018 年にアラガンの “クールスカルプティングクラブ 1000 メンバー” になり、その年に行われた 1000 件のクールスカルプティング脂肪除去治療で経験を積み上げ、現在では“クールスカルプティングクラブ 2000 メンバー”になっています。これは 2019 年に 2000 回のクールスカルプティング脂肪除去治療を行ったということです。 ハリーの院長ドクターテレンス・タンは、2020 年 7 月にクールスカルプティングの背後にある製薬会社であるアラガンからクリニックを代表して“クールスカルプティングクラブ 2000 メンバー”の盾を受け取りました。外科的な脂肪吸引とは異なりクールスカルプティングは凍結脂肪分解を利用して、外科手術を必要とせずに私達の体から不要な脂肪細胞を凍結及び除去します。このダウンタイムのない非侵襲的な脂肪除去治療はアメリカ食品医薬品 (FDA) に承認されています。研究によるとクールスカルプティングは 1 回の治療で治療箇所の脂肪細胞の 20~25% を除去できることがわかっています。 アラガンの “クールスカルプティングクラブメンバー” に 2 年連続で参加した実績は、患者様に効果的なクールスカルプティング治療を提供した経験を物語っています。また患者様は、姉妹院であるハリーボディスリミングクリニックで様々な減量、肌の引き締め、筋肉増強、他の脂肪除去治療を受ける事によって体型を美しく変える事も可能です。 Halley Medical Aesthetics電話: +65 6737 8233WhatsApp (Call/Message): +65 8280 8720電子メール: info_japanese@halley.com.sg Halley Body Slimming Clinic電話: +65 6246 8806WhatsApp (Call/Message): +65 8280 8720電子メール: info_japanese@halley.com.sg […]
シンガポールでフィラーを受ける前に知っておくべき5つのことハリーメディカルエステティックスのドクターマーク・リンがシンガポールでフィラーについて調べる際に知っておくべきことを皆さまにお教えします。 シンガポールでフィラーをするにあたっていくつかの選択肢があります。時々選択肢が多すぎて患者様達にとってはどのドクターがいいのか、どのクリニックがいいのか悩みます。私の答えがシンガポールでのフィラートリートメントを受けるにあたって、一般的に多くの患者様が持つ悩みに対しての参考になればと願います。 ベーシックに戻る 最初にベーシックなことをですが:フィラーとは何でしょうか?フィラーはアンチエイジングや顔の凹凸を作ったり、シンガポールでは美容治療としてとても一般的です。 様々なブランドのフィラーがあり、ヒアルロン酸(HA)フィラーとヒアルロン酸ではないコラーゲンを刺激するフィラーの2種類があります。ジュビダーム、レスチレン、ベロテロなどのヒアルロン酸フィラーはそれら自体で膨らみをもたせますが、スカルプトラなどのコラーゲン刺激性フィラーは体を刺激してボリュームをアップのためコラーゲンを生成させます。 1. 私に他の若返り治療ではなく、フィラーが必要かどうやって判断したらいいのか? 老化によってボリュームが失われたところを改善し、リフティングによって若返りを図ることとは別にフィラーを使用して顔の凹凸をつけ、より印象的にすることも出来ます。さらに若返りのフェイシャルトリートメントをすることで、よりフィラーとの相乗効果が得られるのです。 どれにしようか悩む前にあなたの希望と悩みを、まず信頼できるドクターに相談することをお勧めします。 2. どのタイプ・どのブランドのフィラーが自分にあっているのか、どうやって判断したらいいのか? フィラーには様々な硬さと粘度を持っているということはほとんどの方は知らないかもしれません。硬めか柔らかめどちらのフィラーが必要なのかは、治療箇所・皮膚の状態・あなたの希望によって異なります。 したがってヒアルロン酸フィラーかコラーゲン刺激性フィラーなど、最も最適なタイプのフィラーを選び理想通りの結果を得るために、ドクターにあなたの悩みと希望を伝える事が重要です。 3. 自分にピッタリのドクターをどう選んだらいいのか? ドクターの経験と技術は、フィラーの製品やブランド自体よりもとても重要です。適切な治療を受けるために担当ドクターはあなたの悩みとあなたの望むことを徹底的に理解することが大切です。また、より具体的にイメージしやすいように治療前後の写真を見ることも可能です。 最後に、フィラートリートメントは1回きりの治療ではなく、アフターケアとフォローアップが伴うため、あなたにとって最適なドクターを選んでください。 4. 見た目が不自然にならないか不安です。ドクターはどう注入するフィラーの量を決めているのですか? 不自然に見えるのは一ヶ所に集中して注入したり、また量だけではなく適切ではないフィラーを選んだりなどの違いで起こります。私は通常加齢の度合いと、どの程度ボリュームが減少しているか、また患者様の希望を考慮しています。一部のドクターは患者様の快適さを重視し、フィラー治療を段階に分けて行う場合もあります。 5.良いフィラートリートメントとは? 良いフィラートリートメントで自然な効果を得られることは当然のことです。若々しい印象を与えられるでしょう。あなたに近い人たちはあなたの自信に満ち溢れた表情に気が付くでしょう。それはフィラーではなく自然な輝きです。 あなたの疑問がまだ解決できていませんか?ハリーメディカルエステティックのドクターとのカウンセリングであなたの疑問・悩みを相談してください。私達があなたにあったトリートメントをアドバイス致します。 Halley Medical Aesthetics電話: +65 6737 8233WhatsApp (Call/Message): +65 8280 8720電子メール: info_japanese@halley.com.sg 海外在住の患者様は WhatsApp at +65 8280 8720 までご連絡を。 リーメディカルエステティックのTele-Medicine もご利用可能です。
ボディシェイピングの冷(温)の実態クールスカルプティングにエクシリスを組み合わせることでなぜ、理想のボディを手に入れられるのか。 ボディシェイピングを考えた時に何が思い浮かびますか?体重減少やダイエット?驚くかもしれませんが、両者どちらも体の形に対して効果があるとは言えません。2つとも単に体重計の数値を下げるだけです。 効果的なボディシェイピングでは膨らみを無くし、たるんだ肌を引き締めるため脂肪除去と体の引き締めを組み合わせることが推奨されます。そのためハリーボディスリミングクリニックでは、2つの異なる温度を利用した非侵襲的治療を組み合わせて、理想のボディを作ります。 ハリーの冷温ファットブラスターセラピー: 最初にクー(ルスカルプティング) CSで冷たい温度を利用し余分な脂肪を凍らし、取り除 その後エクシリスウルトラ360 (エクシリス)の熱でコラーゲンの刺激とエラスチンの再生を促し、肌にハリを与えます。 冷温ボディシェイピング コンビネーション 体重を減らしても体の脂肪細胞の数は変わりません; 脂肪細胞の大きさだけが小さくなります。クールスカルプティングは脂肪細胞を取り除き、再びそれが戻ることはないのです。このクールスカルプティング 脂肪除去 トリートメントは凍結脂肪分解技術を利用して余分な脂肪細胞を凍らせ、治療箇所の脂肪を取り除きます。 膨らみが改善されたら、次は肌の引き締めと見た目を改善させることです。私達の肌は加齢と急激なダイエットによりタルミます。たるんだ肌は出産後の女性の悩みでもあります。これらのたるんだ肌はエクシリスボディファーミングを使用することで、ハリを取り戻せるのです。 エクシリスはラジオ波(RF)からの熱エネルギーと超音波エネルギーが効果的に肌を引き締めます。エクシリスはコラーゲンを刺激し弾性繊維を引き締めるために、肌を最適な温度である40-42℃にし、肌の深部を穏やかに温めます。これにより肌にハリが出ます。 ハリーの冷温ファットブラスターセラピーは非侵襲的でダウンタイムもなく、相乗効果で体を整える治療です。それにより自信を持って、いつでも好きなファッションを楽しめます。 体重管理、ボディ コントァリング、引き締め、筋肉増強のボディトリートメントはハリーボディスリミングクリニック にご来院もしくは6246 8896までお電話下さい。
食事置換えと体重管理-食事置換えはあなたにとってベストな相棒になりえるか?それともデビルか?専門家は、低カロリーダイエットと呼ばれるカロリーを減らした食事療法の食事置換え品を処方することが出来ます。 カロリーを減らした食事は、現代の減量アプローチの要となっています。ヘルスケア医師は、1日当たり800kcal 以上、通常1日あたり 1,200~1,600kcal の範囲での低カロリーダイエット(LCD)と呼ばれる低カロリー食事療法の方式を指示することができます。LCDは、食品のみ、または食事置換え品の形で提供されることがあります。 LCD は食品のみ、または食事置換え品の形で提供される場合があります。食事置換え(PMR)計画は、1つまたは2つの部分的に制御されたビタミン及びミネラル強化の食事置換え品を処方し、従来の低カロリーの食事と間食と共に、殆どの人が安全かつ効果的に体重を減らすのに最適です。通常LCDはカロリー摂取を一日あたり500~1000kcal下げ、1 週間あたり 0.5~1kg の体重減少を目標に設計されており、医療関係者がライフスタイルの改善のために管理します。 食事置換えは、飲料(シェイク)や、保存安定した冷凍のメインの食事や、スナックバーなどの幅広い種類があります。このような食事置換え品は、メディカルクリニックや、減量センター及び店頭で購入することが出来ます。食事置換え製品の大部分は、ビタミンやミネラルが強化されたもので栄養バランスの取れた、低脂肪、低エネルギーの食事プランを提供しながら、毎日1つまたは2つの普段の食事や間食を置き換えるように設計されています。殆どの体重管理の商用プログラムは、健康的で低カロリー、低脂肪の栄養豊富な食事の摂取、及びライフスタイルの改善(身体活動)についてもアドバイスしています。 減量ダイエットの 1 つ プログラムの一部としてよく使用されます。カロリーが低く、便利で簡単なシェイクは、健康を維持するために必要な必須栄養素を全て確保しながら、体重を減らすのに役立ちます。減量シェイクは様々な味で、たくさんのメーカーから販売されています。例えばネスレのOptifastは、病院や診療所で販売されている唯一の臨床的に安全性と効果が証明された食事置換え品です。カロリーはわずか160kcal と非常に低く、たんぱく質、ビタミン、ミネラルなど栄養面では十分です。 減量にやさしい食事 シェイクなどのような食事置換えは、摂取カロリーの管理が簡単に出来ます。食品を計量、測定、調理する必要はありません。食事の1つまたは2つをシェイクに置き換えることで、目標の減量に基づいて、正確な量のエネルギーと栄養素の消費を行うことができます。食事の置換えは、カロリー計算と栄養素プロファイルを排除することにより、時間のない人、または食事の準備及び調理に手間をかけたくない人に適しています。 さらに、シェイクなどの食事置換え品は持ち運びが可能で、すぐ準備ができ、いつでも飲むことができます。 ウェイトカウンセリングと食事置換えプログラムの組み合わせ シェイクなどの食事置換え品を使用しても、健康的な食習慣や食事のコントロールはできていません。したがって、資格のある医療従事者が実施する健康的な食事とライフスタイルの改善に関する指導を組み込んだ、食事置換えプログラムを実施することが重要です。
減量薬についてのドクターの見解メディカルディレクターのドクターテレンス・タンは、減量というものはとても困難な闘いであると理解しています。ですから彼の痩身コンセプトには、減量を成功させるにあたり短期的な投薬が行われます。以下の説明をご覧ください。   減量はとても大変! 私たちの身体が望んでいることと反対のことをするということは、強い意思が必要です。それはまるで届かないところの痒みのようで、空腹感は食事をするまで毎時、毎分、毎秒、私たちの中で感じます。したがって、一定の人にとって体重を減らすということは不可能なこととなるでしょう。空腹を求めるほど、食べてしまうのです。 では、どうすれば成功するのでしょうか?そこには大変な苦しみがあると思います。ここで私のコンセプトは、他のドクターとは異なります。通常、薬の服用の推奨はボディマス指数 (BMI) が 30 を超える人を対象としていますが、短期間の減量薬は殆どの人の役に立つと思います。 なぜそのように考えるのかというと、多くの人は気づいていませんが、持続的な減量を成功させるには、一般的に 2 つの段階に分けることができます。 アクティブな減量のための短期間の薬の服用 第一段階はアクティブな減量です。これは一般的に最も苦痛の伴う段階です。自分が食べたい量よりはるかに少ない量の食事をしたり、以前よりも多く運動を行う段階です。減量というのはとてもシンプルで、より少ないカロリーを摂取するか、運動を通してより多くのカロリーを消費します。 この減量の初期段階では短期的な服薬が重要で、初期の減量による苦痛を取り除くことができると感じています。空腹感を減らすことで初期段階の減量の苦痛を取り除きます。急速な減量というのは大きなモチベーションとなり、このモチベーションが一見不可能なようなことを可能へと導くのです! 2 段階目、薬の中止または減薬 2 段階目に続きます。減量の維持です。多くの人にとって違和感のある段階となります。この段階では、摂取カロリーと消費カロリーのバランスを取るだけでよいので、1段階目に比べ多く食べることができます。ですから自然に体重を維持するためには、1段階目よりも多く食べ、減量を維持するという目標を達成することができます。 初期段階より多く食べることが出来るので、減量した多くの人は非常に違和感を感じます。 これを事実とは受け止められず、減量との戦いの地盤を失っていると感じてしまう人がいますがそうではありません。 目標の体重に到達したら、それ以上の制限が必要とされなくなったと言うだけのことで、投薬の中止または減薬する必要があります。一見不可解に見えますが、超低カロリーの食事を取る必要もありません。今こそこのやる気と経験から、体重をキープしていきましょう。 これが私の考える減量薬の使用法です。今こそ素晴らしい目標に向かって行きましょう! ドクターテレンス・タンより