Halley Medical Aesthetics » ボトックス/ディスポート/ゼオミン

ボトックス/ディスポート/ゼオミン

 

ある時は笑いジワと呼ばれ、またある時は、カラスの足跡とも呼ばれる存在。あなたのお顔にも、このような愛憎の関係にあるシワはありませんか?シワは人生の歩みを物語る、いわば勲章のようなものです。その一方で、もし魔法の消しゴムがあったなら、きれいさっぱり消てしまいたいと思うこともあるでしょう!

シワはなぜできるのでしょうか?

一口にシワと言っても、シワには色々な種類があります―笑ったり、顔をしかめたり、泣いたり、微笑んだりとあらゆる感情を顔に表すことでシワができます。このような、表情筋の動きによってできるシワを動的なシワといいます。目の周辺、額、眉間、唇の周り、鼻から口角(ほうれい線)にできるシワがその代表的なものです。

若くて肌の柔軟性があるうちは、動的なシワも簡単に消えてくれます。顔の表情筋が繰り返し収縮し、重力、皮膚の老化などの原因により、シワが刻々と刻み込まれ、表情筋が動いていなくても存在する静的なシワになってしまいます。

シワは、30代から気になり始めます。それはちょうど骨吸収が始まる時期でもあります。徐々に骨吸収が始まり、皮膚と肉を支えている骨密度が減少することで、顔のたるみが始まります。また、お肌の光老化も、あごや眉間、目の周辺にシワ・ひだ、たるみを作る原因でもあります。

シワの予防と対策には何があるのでしょうか?

 

大事なことですが、笑うことを止める必要はありません。人生を満喫し、その証拠を顔に刻むのは決して悪いことではありません。

シワの中には、しっかり予防できるものがあります。そのひとつが、喫煙が原因のシワです。喫煙は、唇を常にすぼめるため、口の周辺にシワを作ってしまい、残ったまま消えなくなってしまいます。ですから、タバコを吸う人は、この機会に禁煙をおすすめします。

防ぐことができないシワには、お肌に良いスキンケアを使い、定期的に潤いを与えます。これで、動的なシワによるシワが刻まれにくくなります。できるだけ紫外線を避けて、日焼け止めを塗るクセをつけましょう。

あるいは、ボトックス注射(ボトックス®、ディスポート®、ゼオミン®)を使って、顔の表情筋を緩めてシワを「無力化」させることもできます。この施術で、目の周り、額、眉間などに形成された深いシワを目立たなくすることが可能です。

ボツリヌス注射とは?

 

ボツリヌストキシン A(ボトックス、ディスポート、ゼオミン)を注入することで筋肉を弛緩させます。顔面の表情筋を緩めることで、動的なシワを目立たなくするための一般的な治療法です。また、ボトックス、ディスポート、ゼオミンは、しかめ面を作る表情筋を弛緩させるため、効果が持続する間はシワが出来にくくなります。この治療は、眉間や額のシワ、目尻のシワなどに効果を発揮します。また、エラ周辺の筋肉を弛緩させることで、フェイスラインをスリムにするため、お顔の輪郭形成効果も期待できます。ボツリヌス注射は、シワを目立たなくするため、お顔と首の若返りを実現することもできます。

消えなくなってしまったシワはどうすればよいでしょうか?

 

いくつかの治療を組み合わせる必要があるかもしれません。まずは、シワの進行を食い止めるため、ボツリヌス注射をお勧めすることがあります。続いて、レーザーやウルセラピーなどによる治療でコラーゲンの生成を促し、シワを目立たなくすることで、顔の若返りを図ります。シワをさらに目立たなくするために、顔の皮膚を少しずつ入れ替え凹凸をなめらかにする、レーザースキンリサーフェシング治療(フレクセル® デュアルレーザーなど)がプログラムに盛り込まれる場合もあります。また、深く刻まれたシワの溝を埋めるために、ダーマルフィラー治療をお勧めする場合もございます。

首のシワ解消コース

 

首元に現れる年齢サインは、主にお肌の光老化による皮膚のたるみが原因です。首のたるみは、首の前部の皮膚のすぐ下にある、広頸筋という薄い筋肉が弱まることも原因となります。

そのため、放っておくと年齢とともに、いわゆる「七面鳥の首」が出来上がります。そのため、「ネフェルティエ・リフト」(首のシワ解消コース)治療では、広頸筋にアプローチすることが重要になります。このコースでは、広頸筋の下部分と下あごのラインに沿って複数回ボツリヌス注射を施します。その結果、あごのラインがすっきりし、首を支えている筋肉を整えて、浮き出た筋やシワをなめらかにします。